MENU

長距離の単身引越しならプロスタッフがおすすめ

単身引越しを予定していて新居が遠くの長距離ならプロスタッフという会社がおすすめです。なぜなら長距離引越しは業者によって費用の差が付きやすいから。

 

同一市内で近距離の引越しなら数万円の差に収まっていたものが、距離が遠くになるに比例して10万円以上の差となっても全く不思議ではありません。

 

それだけ長距離引越しは業者によって得手不得手がはっきりする引っ越しの形態です。長距離でなおかつ単身引越しを少しでも安くしたいなら、そのどちらをも得意とする引越のプロスタッフから見積もりだけでも取ってください。

プロスタッフの安さの秘密

引越し単身パックで格安のサービスをご提供

プロスタッフの引越し単身パックでは格安で一人暮らしの荷物を運搬することができます。基本料金は15000円(近距離の値段)と安いのにたくさん荷物が運べることで人気です。

 

大物4点と小物20点が基本料金で運べる荷物量ですが、同業他社と比べてもコストパフォーマンスが高いパックです。積み重ねしにくい自転車やベッドなども問題なく運搬できるのもおすすめできる理由の一つです。

 

また作業品質に関しても普段から家族向けの引越しをこなし、新築や重いタンスや冷蔵庫の運搬、吊り作業といった難度が高い作業を数多く経験しているスタッフがお伺いするために、単身引越し専門の業者と比較してもより安心度が高い引越しを任せることができます。

 

混載便や帰り便で長距離輸送のコスト削減

基本となる引越し単身パックの安さに加えて、引越し先が長距離の場合に輸送コスト削減に活用しているのが、混載便や帰り便の確保です。

 

一件のお客様で長距離輸送を実施するチャーター便は輸送コストが非常にかかり、その分が引越し料金に跳ね返ってきます

 

プロスタッフの長距離引越しでは、同一地域への少量の単身荷物を大きなトラックで積み合わせる混載便によって、輸送コストを大きく削減します。もちろん長距離輸送の往復についても帰り便を確保することで、輸送に掛かるコストを徹底的に削減します。

 

これらのコスト削減により、プロスタッフでは高くなりがちな単身引越しの長距離便を安い料金で提供できるようになりました。

 

電話見積もりで料金計算に掛かるコストを削減

引越しでは実際にお宅に訪問し、営業マンが荷物の量を確かめて見積もりするのが一般的です。しかし、昨今では複数の引越し業者による合い見積もりが増えて、引越し業者にとっては見積もりコストが非常な負担となっています。

 

そこで、プロスタッフではお荷物一点一点を独自のポイントに換算し、荷物量を計算することで訪問せずとも電話で見積もりできるシステムを構築しました。

 

もちろん荷物量が比較的多かったり、難易度が高い条件の引っ越しに関しては訪問してから見積もりさせていただくこともありますが、ほとんどの単身引越しでは電話の見積もりだけで確定料金を提示できています。

 

電話による見積もりはコスト削減と同時にお客様側としても時間を取ることなく、多くの引越し業者から見積もりが聞けると言うメリットもあります。できるだけ多くの引越し業者の料金を比較したいという人に電話見積もりはおすすめです。

 

こんな人におすすめの長距離引越しの単身向けサービスです

  • 大学、専門学校への入学や卒業する学生
  • 転勤、移動で他府県へ単身赴任される社会人
  • チャーター便ではもったいない少量の荷物の引っ越し
  • できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取りたい方

 

上記のような条件の転居で他社から見積もりを取ったけど、想像以上に見積もりが高かった方はお気軽にお電話ください。

一人暮らしの少量の長距離引越しはもっと安くなる

長距離が得意な複数の引越し業者から見積もりを取る

これまで何度も記述してきたように、長距離引越しは業者間の料金差が大きいので一社だけの見積もりで決めてはいけません。

 

複数の引越し業者から見積もりを取ることは必須と言えますが、やみくもに複数の業者を選べばいいという訳ではありません。長距離引越しを得意とする業者の見積もりでなければ意味がありません。

 

長距離引越しが得意な業者とは
一般的に近距離の場合は、大手より中小の引越し業者の方が安いと言われていますが、それが長距離になると各都道府県に輸送網を構築している大手が逆転する場合があります。

 

プロスタッフは中小企業の引越し業者ですが、同業他社と手を組むことで大手並みの輸送網を構築し、格安の長距離引越しを実現しています。

 

忙しい日から暇な日に日程を変更して激安に

引越し料金を決定する要因は様々ですが、中でも日程は料金に与える影響が大きい要素の一つです。忙しいと言われる日を暇な日に変えるだけでも数万円の差が出ることも珍しくありません。

 

もし、あなたがいつでも引越しできる状態になるのなら日程を変更することをおすすめします。特に春の繁忙期は一年でも一番引越しが忙しい時期なので、元々の料金が高い長距離引越しではさらに高額になります。

 

この時期に転居が決まっているなら必要なダンボールのみを宅配便で送り、その他の物時期をずらして送るなどの方法もおすすめです。

 

繁忙期以外の時期では月末と休日を避けた中旬までの平日に実施すると安くなる傾向が高いです。各引越し業者の公式サイトにあるカレンダーを参考に日程を検討してみましょう。

 

運んでもらう荷物を減らして引越し費用を安くする

荷物が減ったら安くなるのは当たり前と言われそうですが、特に長距離引越しの場合は距離に比例して料金が高くなるので、費用対効果が非常に高いおすすめの方法です。

 

新居で使う予定はないのにもったいないからととにかく運んで欲しいと言われる方は多いのですが、長距離引越しの場合は運搬費が高いために買い直した方が安くつく場合も少なくありません。

 

もったいないのであれば、リサイクルショップやメルカリなどで買い取り、販売してしまうのも一つの手として検討してみましょう。

 

最近では自治体に大型ゴミの処分を依頼しても費用が掛かるので、売れない物でも友達にあげたり、無料引き取りのサービスを利用することでより引越し費用を節約できます。

 

できることは自分でして費用を節約

引越し業者のスタッフに荷造りまで任せる梱包プランを依頼すると、引越し費用はたちまち高額になります。単純に作業時間で比較すると荷造りは積み込みと同じ程度の時間が掛かるために、荷降ろしまで考えた時の作業時間は通常作業の1.5倍になります。その比率は料金にもそのまま跳ね返ってくるために、時間に余裕がある人はぜひ自分で梱包しましょう。

 

普段から荷造りを引越し業者へ依頼している人からすれば大きな費用節約になるはずです。

 

ダンボールを自分で集めて値引き交渉をする

契約すればダンボールがもらえる引越し業者は多いですが、ダンボールは決して安いものではないので、結局のところ初めから料金に上乗せされていると考えて差し支えありません。

 

荷物が多い家族用のダンボールを大量に自分で集めることは大変ですが、単身引越しのような荷物が少ない場合だったら自分で集めたダンボールでもなんら問題ないとプロスタッフでは考えています。

 

そのため、プロスタッフでは単身パックでダンボールをプレゼントしていません(有料販売)。可能な限りリーズナブルな料金で提供していますので、近くにスーパーやホームセンターがある方はこまめに集めてください。